オリジナルエコバッグをかわいい見た目にしたいなら

オリジナルのエコバッグを作りたい、けれど普通の物じゃなくてかわいい物が良い。お買い物をする主婦や女性の方は、特にそう思う事が多いでしょう。お買い物の際に使うエコバッグは多くの人の目に触れる物です。自分らしくてかわいいエコバッグを作りたい、そう考えている人に向けて、かわいさを演出するためのいくつかのポイントを伝えていきます。

オリジナルエコバッグに色をつけるなら暖色系のカラーに注目

オリジナルエコバッグを作る時に、自分らしくかわいいものにしたいと思う事は自然な事です。オリジナルグッズなら、その願いを簡単にかなえる事ができます。かわいいエコバッグを作りたい時は、まず生地の色に注目してください。

使う色を考える工程は、グッズ作りをする際には大切な点となります。ぱっと見た時に、かわいらしさをしっかりと演出してくれるポイントであるため、最初に好きな色をイメージしておくと後の作業がスムーズに進みやすくなります。

かわいいエコバッグを作りたい時は、暖色系に注目しながら自分が使いたい色を選んでください。暖かみを感じさせる色を使う事で、かわいらしさを演出しやすくなります。赤やピンク、オレンジなどがメジャーな色です。その他には、パステルカラーもかわいらしさを演出するのに役立ちます。

後は、色の彩度を落としたり、明度を高くする事も良いです。それによって、やわらかみのあるぼんやりとした雰囲気を作り出す事ができます。どうしても青や黒などの色も使いたいという場合は、隅の目立たない場所か一部分だけに着色するのがポイントです。

オリジナルエコバッグに模様を付け足すなら輪郭線と数がポイント

オリジナルエコバッグを作るなら好きな模様を好きなだけ付け足したい、と考える人が多いのではないでしょうか。そういった場合は、模様の存在感が強くならないようにする事が重要です。エコバッグをデザインする時に模様を配置したいという人は、できるだけ数を少なくする事がポイントとなります。

模様が多すぎると見ている人に、にぎやかでパワフルな印象を与えてしまいます。その他には、濃い色を使わないという点も重要です。彩度の高い色で模様のデザインを行ってしまうと、存在感が強くなりすぎてしまいます。

後は、模様の輪郭線にも注意してください。輪郭をくっきりとした太い線にしてしまうと、かわいらしさがなくなってしまいます。力強いイメージになってしまったり、クールなイメージになってしまう事があるため気を付けなければなりません。

模様を配置したい時は、輪郭線なしにすると存在感を抑える事ができます。どうしても輪郭線を付けたいという場合は、模様の色と似た色にするのが良いです。輪郭線一つだけでも、あなどる事はできません。工夫を凝らすことによって、かわいらしいイメージを演出できるようになります。

『オリジナルエコバッグのさまざまなデザイン』

オリジナルエコバッグに文字を入れるならフォントの選び方に注意

エコバッグに自分の名前をいれたい、好きな言葉をいれたいという場合は、フォント選びをする際に注意しなければなりません。フォントの選別をおろそかにすると、かわいらしさがなくなってしまう事があります。かわいいエコバッグを作る時に、一番良いのは手書きの文字を使用する事です。

自分の手で直接エコバッグに文字を書き入れたり、手書きの文字をソフトなどで加工して模様と一緒にプリントすると良いのではないでしょうか。手で書いた文字には独特の味があるため、自分らしさを表現したい時にもぴったりです。

パソコンのソフトなどで文字を加工するという場合は、シャープな印象を受ける明朝体や趣のある行書体ではなく、親しみを感じさせてくれるポップ体のフォントを使用すると良いです。それ以外にも様々な書体が存在するため、時間がある人は自分の好みに合わせて選んでください。

英語の文字をデザインに加えたい場合には、外国語の書体がたくさんあります。かわいくておしゃれなエコバッグにしたいという場合は、アクセントとして一部分にだけ使ってみるとちょうど良いです。

オリジナルエコバッグをかわいくするポイントは装飾品

エコバッグの色や模様以外の面でかわいい見た目にしたいという人は、装飾品に注目すると良いです。さらにかわいくしたい時などにも、装飾品の存在は便利です。女性物のかわいい服を想像してみてください。レースやフリルをふんだんに使った服はかわいい服、と思う人は少なくないですよね。

オリジナルグッズをかわいくしたい時は、自分がかわいいと思った服のデザインや装飾を取り入れてみると良いです。エコバッグにフリルやレースを付けてみたり、ビーズやスパンコールをぬい付けてみるとぐっとかわいらしさがアップします。

リボンをつけてみるのも良いのではないでしょうか。他にはかわいいキーホルダーをつけるという方法もあります。しかしオリジナルグッズを作る時に、どんなにまじめにデザインを考えたとしても、失敗してしまう事があります。

そういった時に失敗した完成品を捨ててしまうのはもったいない事です。作った物を無駄にしたくないという場合は、新たに装飾品を付け足す事で欠点をカバーできる可能性があります。思ったよりクールな印象になってしまった物でも、装飾品の組み合わせ次第ではかわいさを演出することができます。

すぐにできる手軽な方法は、ネックレスやブレスレットをとりつけて装飾にしてみる事です。シュシュを持ち手に結ぶだけでもできます。意外性のある組み合わせで、かわいい部分をうまく引き立ててみてください。


かわいさを追求しすぎて本来の用途で使えなくなるのはNG

エコバッグが完成した時に、色の濃淡が予想と違った場合や、模様のプリントがうまくいかなかったという場合は大変です。まじめにデザインしたのに失敗してしまったら、がっかりしてしまうのが普通ではないでしょうか。

しかしそういった時に、装飾品を付け足してフォローする場合は、様々な点に注意しなければなりません。それは、かわいさを追求するあまりに安全性や利便性が落ちてしまうといった点です。過剰な装飾品がどこかに引っかかり怪我をしてしまう事がありますし、装飾品同士が絡まって使い勝手が悪くなるといった事もあります。

エコバッグは毎日使う物であるため、それらの点にはきちんと気を付けなければなりません。

ポイントを押さえればかわいいエコバッグは簡単に作れる

かわいいエコバッグを作りたいと思ったら、工夫する事が大切です。これまでに述べたポイントにしっかり目を向けると、簡単に作れるようになります。失敗したとしても落ち込まずに、その欠点をフォローできないか色々な事を試してみてください。

自分が今持っているブレスレットやシュシュなどの装飾品を利用して、かわいくする事も可能です。

参照元→バッグファクトリーhttps://bag-factory.online/